デュープレックスの世界

不思議と国内での(特に若者に)評価が低い別体後期60~62年のデュープレックスフレーム
縁があり、お預かりさせて頂いております
整備が行きとどいてる感もあり、非常に素晴らしいバイクでした

先日の千里浜でも数台いらっしゃいましたが、みんな大好きな(僕も当然好きですが)リジッド6Tよりも個人的には
プレミア感があります
カスタムのベースにも最適、ノーマルでもオーラ有り。
何より乗ったフィーリングが最高!

いつか欲しいバイクです

そんなデュープレックスを試乗させて頂き、修理依頼箇所の診断と判定をさせて頂きました
ご馳走様です。

まごころ込めて整備させて頂きますね。
a0238139_23262825.jpg
先にお預かりさせて頂いておりますユニットT120Rですが、フォーク問題も一段落しましたので
気になっていた油圧問題の診断を致しました

オーマイガー
オイルシールがスッポスポ&Cクリップが入っておりません…
これじゃ、油圧は保てません

かつ、ポンプも逝かれておりギアカバー内だけでも二か所の不具合…

アプローチがしやすい部位での不具合なので対処もしやすいのが不幸中の幸い

まったくもぅ…。

[PR]
by libertaria | 2014-09-25 23:33 | daily | Comments(0)
<< chirihama sand ... TRIUMPH フォークOH >>