クラッチダンパーLOVER

以前より、トラのクラッチに少なからず不満を抱えておりました。
その不満を少しでも解消出来ない物かと、あの手この手を試しに試しまして『ある程度の答え』に到達しました。

しかしながら、使用方法や旧車に対するスタンスは千差万別なので、全て方が満足する解決方は無いでしょう…。

あらゆる選択肢の中のひとつとして現在部品開発中です。
そして、この部品を使えば不具合を根本から解決できるってモノでも御座いません。
御座いませんが、少なからず良くはなります!(特に作業性が)

さて、前置きが長くなりましたが…
今回ご紹介の商品はコチラ!!
(製品化はまだ先ですが)
a0238139_1366100.jpg

…。ピンと来ない反応が手に取る様に分かりますが、アレです。
クラッチダンパーのゴムです
ココをバラした経験のある人なら分かるでしょうが、既製品では収めるのにコツと経験が必要になります。
a0238139_13681.jpg

コレが既製品
パーツリストもこの形状です
a0238139_136927.jpg


中々大変な作業を強いられます。
しかも、潰して入れる事が前提なので厚みが足りていません
a0238139_1361091.jpg


当社に入庫した車両は全車バラしてみましたが、ほぼ溶けてグニュグニュになっています。
グニュグニュorカチカチに変化するのが必定な部品です
とは、言っても価格を考えればクラッチを分解整備するなら『ついで』に交換が望ましいと思うのです。
しかしながら前述の通り、『ついで』の作業な筈がその整備性の悪さ故、大変な作業となる訳です…。

どうにかならないモノか?と今回試作を樹脂製品専門業者数社に相談したところ、大半の業者さんは門前払いとなったのですが運良く協力して頂ける業者さんが見つかり試作完成と至った次第でございます。

素材、サイズ、加工精度に重点を置き耐久性も改善されております。
今後テストを行った後に、製品販売を考えております。

硬度と耐油度を任意に設定可能なのでベルトドライブ用、乾式クラッチ用やハード仕様、ソフト仕様も検討しております
FOR UNIT TRIUMPH650&750
予価¥8000
既製品との価格差はありますが、加工材料・加工方法・金型の製作費用・そして販売個数を考えると安価には製作出来ません
これでも、各関連業者様にはだいぶ無理を聞いて貰っての価格設定です
もちろん安心と信頼の日本製です
反響が多ければ、生産個数を増やして価格を見直せるかもしれません
予約お待ちしております
業者さまには業販価格での販売可能です
業販ではほぼ赤字なのですが、ユーザーから頂く作業工賃分を業販差額にて埋めて貰えればありがたいです

a0238139_1361254.jpg

使えば分かる、その差は歴然!
a0238139_1361368.jpg

ピタッとフィット!
a0238139_1361430.jpg

組んでしまえば、一ミリも見えませんのでお洒落度0%!

こうご期待!
[PR]
by libertaria | 2013-07-26 12:16 | Comments(0)
<< TRIUMPH RIOT 3rd イベント目白押し >>